小児歯科

当院では原則として、お子様を押さえつけての診療はいたしません

当院では原則として、お子様を押さえつけての診療はいたしません

幼少期に歯科に対して怖いイメージを強く持ってしまうと、大人になってからも足が遠のき、結果としてお口の健康を損なってしまいます。

当院では、緊急性が無いかぎり恐怖を訴えるお子様に対しては、時間をかけてでも、まず、コミュニケーションをとることから初めます。歯医者に慣れてもらう為に、初診時は簡単な目標(診療台に座る。ミラーお口に入れてみる・・・など)を達成できたら、その日の診療はお終いでもかまいません。

個人差はありますが、来院を重ねる内に必ず治療できるようになりますので、安心してご来院ください。ご希望される方には、お子様とご一緒に診療室へお入りいただけます。

どうして歯医者に行くのか、お子さんにきちんと説明しましょう

どうして歯医者に行くのか、お子さんにきちんと説明しましょう

歯医者に行くことが決まったら、そのことをお子さんに知らせて心の準備をさせてあげてください。

むし歯になっている時はむし歯の恐ろしさと治療の必要性、ママではむし歯を治してあげられないことなど、できるだけわかりやすい言葉できちんと説明してあげてください。しっかりと説明してあげれば、お子さんなりに理解してくれるものです。

こうした準備が、当日の治療をスムーズにする助けになります。

日頃から歯科医院を脅し文句にしない

お子さんがわがままを言った時などに、「歯医者さんに連れて行くよ」「先生に注射してもらうよ」「歯医者さんに歯を抜いてもらうよ」などの脅し文句を使っていると、「歯科医院=怖い所」という意識がすり込まれてしまい、いざという時に困ることになります。

「痛くないから」など気軽に言わない

だまして歯科医院に連れて行かないことが大切です。お子さんを連れて行く前に、ママがこうしたことを言ってしまい、結局治療をしなければいけなくなった時、お子さんはだまされたという気持ちになります。

お子さんが嫌がっても毅然とした態度で連れて行きましょう

どうして歯医者に行くのか、お子さんにきちんと説明しましょう

どんなに説明しても、やはり当日になると、歯科医院へ行くのを嫌がるお子さんは多いものです。

そんな時はかわいそうだからといって、治療を先延ばしにしないで、必要なものは必要であるということを示すため、毅然とした態度で連れて行きましょう。

また、ママの心配や緊張は、すぐにお子さんに伝染します。歯科医院に着いたら、ママはあくまでもリラックスして、歯の治療なんて全然平気だよ!という雰囲気でゆったりかまえていることがお子さんの緊張を和らげるのにも役立ちます。

当日はママがリラックスすること

歯科医院についたら、ママはあくまでもニコニコしてゆったりと構えること。お子さんと一緒になって緊張していては、お子さんがさらに怖がることに。

「痛くなかった?」は絶対禁句

治療後、ついお子さんに「痛くなかった?」と声をかけてしまうことがありますが、「痛くなかった?」は「痛い」と同じ意味なんです。治療中は我慢できたのに、これで泣き出すこともあります。

治療ができたら、きちんとほめる

我慢して治療が出来たら、泣きながら時間がかかった場合でも、すぐほめることが大切です。「頑張ったね」「すごいね」「ママびっくりしちゃったよ」など、お子さんの自意識に訴えかける言葉をかけてあげましょう。がんばった子には、医院からもご褒美があります。

ムーシールド治療法のご案内

当院では、矯正歯科は基本的には行っておりませんが、反対咬合(受け口)の場合には、幼児期(3才)からムーシールドをおすすめしております。

適応年齢:3才~

1年前後を目安に治療をします。ただし、永久歯の生えかわりの時に再度マウスピースを装着することがあります。

ムーシールド例

ムーシールド例

3歳児からの受け口治療

3歳児からの受け口治療

お子様が受け口でお困りの方はムーシールド治療法がおすすめです。

詳しくはこちらのホームページをご覧ください。