歯科診療に対する思い

当院の診療方針

自分がされたくない治療はしないこと

自分がされたくない治療はしないこと

このページをご覧になっていらっしゃる方の中に、歯医者が好き!という方はあまり居ないと思います。何が嫌いなのかを自問してみると

  • ■痛い
  • ■何をされているのか分からない
  • ■大きな音
  • ■独特の匂い・・・などが主に思い当たります。

これらのことは完全に消すことは無理ですが、極力減らすことは可能です。

具体的には、過去の経験や一般的な先入観で、「歯の治療は痛い・怖い」と思われている方はかなり多いと思います。恐怖心の強いお子様だけでなく、大人でも歯科治療に対してそのように思われている方が多いようです。

しかし、歯科技術も進歩しています。ながお歯科医院では表面麻酔や、電動式麻酔などの器具を用い細心の注意を払うことで、痛みや不安のない治療を心掛けています。

また、よりリラックスして治療を受けていただけるよう、音楽・空間などを工夫し、患者様にとってより快適な治療を目指しています。

痛みに対してー

痛みに対して

痛みで来院されるのに、さらに注射・・・嫌ですよね。少しでも楽に受けていただくために

  • ■ゼリー状の表面麻酔を塗布し、細い針(31G,33G)を使用して刺す痛みを軽減。
  • ■注射液を37℃に保温し麻酔液注入時の痛みを和らげる。

などの対策をしています。

治療中は患者様の表情に常に気を配り、痛みの確認を取るように心掛けています。

また恐怖心は痛みを増強しますので、リラックスできるよう優しくBGMの選択や、治療時、目に入る天井に沈静効果のある紺色を配色するなどしています。そして何よりも、アットホームな医院の雰囲気が出せるようにスタッフと共に努めています。

何をされているのか分からないー

何をされているのか分からないー
  • ■これからどういう治療が必要なのか
  • ■どういった選択肢があるのか

ということが分からないと不安になると思います。

そのためレントゲン写真や、口腔内写真、歯の模型、模式図などを用いて、専門用語は控え、出来るだけ分かりやすく説明させていただきます。

その上でご納得いただいてから治療に入ります。(ディスプレイ、模型での指導写真)レントゲンはデジタル化することで被爆量を1/4~1/10に抑えているため、より安心して撮影をうけていただきます。

大きな音ー

歯を削るタービンは音の小さな物を導入しています。歯垢落としに使用する超音波スケーラーという道具は、苦手な方には無理に使用しません。

独特の匂いー

独特の匂い

これは治療に使う薬やセメントに含まれるユージノール(鎮痛性があります)などの成分が大半を占めるようです。現時点では全く使わないことは難しいため、空気清浄機を診療室に2台、待合室に1台設置して対応しております。これは切削粉塵による空気汚染対策もかねています(左の写真参照)。

ポリシー